研音Message for SMARTPHONE

トピックス

山本涼介出演 舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』製作発表記者会見 


3月29日(水)に行われた、舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』の製作発表記者会見に山本涼介が出席した。

本作は、1992年にロンドンのナショナルシアターにてサム・メンデス氏演出により初演され、リトル・ヴォイス(LV)役のジェイン・ホロックス氏の抜群の歌唱力で話題となり、1998年にはマーク・ハーマン監督により映画化され(日本公開99年)、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネートなど、大きな話題となった作品で、自分の殻に閉じこもり部屋から出られない少女リトル・ヴォイスが、歌の力で自分の人生を切り拓いていく過程が魅力的に描かれている。

会見冒頭に山本は、主人公・リトル・ヴォイス(大原櫻子さん)に恋をし、彼女を支えるビリー役について「すごく不器用で口下手だが、まっすぐで行動力のある青年」と自身の役柄を説明し、「他の皆さんが演じる役がどれも、キャラクターが濃いので、僕も負けないように個性を出して、ユアン・マクレガーさんとはまた違う、僕らしいビリーを演じられたらいいなと思っています」と挨拶。

質疑応答に移り、内気な青年役だが自身と似ている点について訊かれ、「僕は目を見て話すタイプなので内気な方ではないですが、女性を前にすると口下手になってしまうところは気持ちが分かります」と回答した。

また、リトル・ヴォイスのように音楽に救われた経験や人生を変えたと思う1曲を問われると、ケツメイシさんの『東京』を挙げ、「地方から出てきた当初は、なかなかチャンスを掴めず、夢を実現できない日々が続き、自暴自棄になった頃がありました。そんなときにこの曲を聴いて、歌詞の内容と自分が重なりました」と明かし、「上京前日に地元の友達から“売れるまで絶対帰ってくるなよ”と言われたことを思い出して、“もう一度この仕事を頑張ってみよう”と思えた曲だったので、すごく心に残っています」とエピソードを披露。

さらに、本作を「全体的にすごくエネルギーの強い作品」と述べ、「リトル・ヴォイスとビリーの2人のシーンは心が安らいで落ち着いた雰囲気になっているので、大原さんと2人でいいシーンにできればいいなと思います」と見どころを語った。

舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』は、5月15日(月)~28日(日)まで、天王洲 銀河劇場にて上演される。

MENU

CLOSE