研音Message for SMARTPHONE

トピックス

『MEN ON STYLE 2017』

12月28日(木)、29日(金)に竜星涼、瀬戸利樹、山本涼介、永瀬匡、市川知宏、入江甚儀、上杉柊平、小林亮太によるイベント『MEN ON STYLE 2017』が開催された。

『MEN ON STYLE』は2012年より開催され今年で6回目となるダンスや歌、トークなどの様々なパフォーマンスを披露する年に1度のスペシャルイベント。





暗転した会場の後方扉から真っ白な衣装に身を包んだ8人が登場し、『バッチ濃青春!』『Men on style』を披露し会場が沸き立つ中、
「『MEN ON STYLE 2017』にようこそ!皆さんお久しぶりです。竜星涼です!今日は最後まで全力で楽しんでいきましょう!」
「永瀬匡です。皆さん盛り上がってますか?最後までよろしくお願いします!」
「上杉柊平です。皆さん盛り上がる準備はできてますか?」
「初参加の小林亮太です。最後まで全力でいきたいと思います。」
「市川知宏です。この会場、2017年で一番盛り上がるステージにしましょう!」
「入江甚儀です。楽しんでいきましょう!」
「山本涼介です。皆さん楽しむ準備できてますか?うるさい!と注意されるぐらい盛り上がっていきましょう!」
「瀬戸利樹です。皆さん盛り上がってますか?楽しみましょう!」
と全員の挨拶後、竜星が「もっともっと盛り上がる準備はできてますか?」と盛り上げ、椅子を使用したパフォーマンスをしながら『We are』を披露し、観客を魅了した。

次に事前に『MEN ON STYLE』に出演するメンバーに“やってもらいたい事”を募集した企画『俺 ON STYLE』について山本と瀬戸による紹介VTRの上映後、各メンバー持ち時間3分の中、山本は『俺アート』と題して見事な手さばきでスプレーアートを披露し、上杉は『俺時間』として世界観のある本人出演のMVと共に歌を披露。

着物で登場した市川は『俺流落語』として落語を披露し、小林は「今回僕はあるお母さんから忙しい時に子供達の面倒を見て欲しいという依頼を頂いて行ってきました!」と子供達と一緒に公園で遊ぶVTRが流れ、「2歳と4歳の男の子だったのですが、すごく可愛くて無我夢中で楽しんで遊ぶ姿に、何かをする上で楽しむことを忘れてはいけないと教えて頂けた時間でした。僕自身お芝居を楽しみ、皆さんに喜んで頂ける芝居をもっと届けることができるように頑張ります!」とコメント。

永瀬は本人出演の映像と共に歌とダンスパフォーマンスを披露し、「今年グッズとしてCDをリリースさせて頂きました。今回はその中の1曲を『MEN ON STYLE』バージョンでお届けしたいと思います!」と『Paradise』をしっとりと歌い上げ、入江は“アナグラム”という単語をいくつか入れ替えることにより、別の意味を持たせる言葉遊びを“セトトシキ”と“ヤマモトリョウスケ”の名前を使用し、入れ替えた言葉の意味を自身で書いた絵によって表現した。

瀬戸は『俺初演奏』として永瀬が作詞作曲した『Days』を練習を重ねたキーボードを演奏しながら歌い、竜星は『俺コレ』としてランウェイを行い、シルエットで着替えをする場面も映し出され、1人1人の個性溢れるコーナーに大きな歓声と拍手が起こった。

続いてのコーナーは『研音ジャーZ』。
全員が戦隊ヒーローとして活躍する中、竜星の「ヒーローの人数が多い」という一言から人数を減らすための話し合いが行われ、最終的に竜星と永瀬がヒーローとして残り活動する中、他のメンバーは違う職業に就き、充実した生活を見せつけられるというストーリーをアニメーションと舞台を融合して演出し、テンポのよい会話に会場が笑いに包まれた。



練習風景の映像が流れた後、衣装に着替えた8人が再登場し、市川が「これから歌う『キミと...~Memories〜』でステージに上がって一緒に参加して頂くヒロインを募集します。本日のエスコート役である僕と小林亮太が目隠しをして
ランダムで会場を映す3台のカメラの番号と、ストップと言うタイミングで、手をあげている方をヒロインとして選ばせて頂きたいと思います!」と話し、選ばれた2人を市川と小林がステージにエスコートし、メンバー4人ずつが輪になって2人を囲みながら歌い上げ、曲の最後には一輪の花が贈られるパフォーマンスも見られた。



続いて「『バッチ濃青春!』を披露させて頂きますが、事前に募集し皆さんに送って頂いた写真でMVを作らせて頂きました。曲中に流れますので楽しみにしていてください。またサビ部分を一緒に踊りたいと思うので振り付け練習をしましょう!」と永瀬を中心に会場全体で練習し、本番では楽曲が流れMVが映し出される中、会場一体となって踊る圧巻のステージとなった。

会場全体で盛り上がった後、メンバーにサプライズで反町隆史より激励のメッセージが流れ、上杉は「直接ファンの皆さんと楽しめる場があるということは、皆さんがいてこそなので、改めて感謝しなければいけないと思います。反町さんの言葉が響きました。」と感慨深く語り、『君色パレット』を全員で気持ちを込めて歌い上げた。



アンコールが起こる中登場した8人は最後の曲『No one but you』を披露後、

小林「本日は本当にありがとうございました。今回僕はずっと出演したいと思っていた『MEN ON STYLE』に初めて参加させて頂いて、こうして皆さんの笑っている顔を見る事ができて幸せでした。来年は20歳になる年なので、お芝居も成長できるようにひとつひとつの事を大切にして頑張っていきたいです。ありがとうございました!」

上杉「この『MEN ON STYLE』に参加させて頂いて3年になります。この3年で、皆さんやこの『MEN ON STYLE』のメンバーなど沢山の方に出会うことができて、色々な事を経験させて頂きました。このような経験が出来るのも皆さんのおかげだと思い、本当に幸せです。また皆さんに楽しい時間を届けることができるように、来年、再来年、10年、20年と頑張っていきますので応援よろしくお願いします。ありがとうございます!」

入江「本日はお越し頂きありがとうございます!今年の『MEN ON STYLE』は笑いが絶えません。本当にメンバーみんなで楽しんでいて、その中に入れることが幸せだと感じます。来年も舞台や3月に行うイベント『じんとも!春のじんともアワー』など、ぜひお越し頂けると嬉しいです。ありがとうございました!」

市川「楽しい時間をありがとうございました。早いもので『MEN ON STYLE』は6年目になります。1年目はどうしたら皆さんに楽しんで頂けるか試行錯誤でしたが、年を重ねるごとに自分なりに分かってきたこともあり、今年も無事に開催できたことは皆さんのおかげだと思っています。皆さんのパワーが僕の頑張る源になっています。来年も色々な市川知宏をお見せできるように頑張ります!」

永瀬「本日は足を運んで頂いてありがとうございました。寒い中こうやって会場に来てくださって、皆さんと会えている事は
こんなにも素敵なことだと実感しています。こんな素敵な機会を与えてくださる皆さん、そしてスタッフの方々、メンバーがいて幸せだと思っています。2018年もみんなで笑顔で暮らせたらと思います!」

山本「今日は寒い中お越し頂きありがとうございます。今回、スプレーアートを披露させて頂き、色々な事に挑戦できる場所があることは本当にありがたいと思っています。これからも色々な事にチャレンジして成長した姿を見せられるように頑張ります!」

瀬戸「皆さん、本日はありがとうございました。2017年は僕にとって仮面ライダーや写真集、初主演舞台だったりと
色々な事に挑戦させて頂いてすごく充実した1年でした。これも皆さんのおかげだと思い、皆さん1人1人に感謝の気持ちを伝えたいぐらいです。これからも頑張ります!」

竜星「『MEN ON STYLE 2017』楽しんで頂けましたか?(歓声を聞いて)その声が一番エネルギーを頂けます。皆さんに支えられながら、僕たちが成長させて頂いた6年だったと思います。その愛に応えられるように来年も僕自身、初心に戻りながら頑張っていきます。皆さん良いお年を!」

と一人ずつ感謝の言葉を述べ、大盛況の内にイベントは幕を閉じた。

(12月28 日(木)18時の回をレポート。回によって内容が異なります。)

MENU

CLOSE