研音Message for SMARTPHONE

トピックス

山本涼介 もののふシリーズ最終章『駆けはやぶさ ひと大和』初日舞台挨拶・公開ゲネプロ

2月8日(木)に行われた、もののふシリーズ最終章『駆けはやぶさ ひと大和』の初日舞台挨拶・公開ゲネプロに山本涼介が出席した。





白虎隊の青春を描いた『もののふ白き虎』(2015年)の反響をうけ、「もののふシリーズ」と題し、シリーズ化。
第二弾は、新撰組なき後の斎藤一を主軸に描いた『瞑るおおかみ黒き鴨』(2016年)を上演し、第三弾で最終章でもある今作では「集団は始まりが頂点-」というテーマのもと新撰組が集い、高みを目指し走り出した日々から時代と共に終焉へと向かう様を鮮やかに描く。





今作に初参加となり、初めて殺陣に挑戦する沖田総司役の山本は
「見どころは長い刀を使っているので、上手く刀捌きが決まれば迫力のある殺陣のシーンになると思いますし、髪型や衣装にも注目して見て頂きたいです。」と語った。


■舞台「駆けはやぶさ ひと大和」オフィシャルホームページ

MENU

CLOSE