研音Message for SMARTPHONE

トピックス

竹野内豊 映画『孤狼の血』完成披露試写会

4月25日(水)に行われた、映画『孤狼の血』の完成披露試写会に竹野内豊が出席した。



本作は柚月裕子さんの同名小説を映画化。
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島、架空都市・呉原を舞台に暴力団系列の金融会社社員失踪事件を捜査する警察と暴力団組織間の激しい抗争を描いている。



舞台挨拶前のイベントでは劇場前の道路に登壇者を乗せた大型トラックが登場し来場者から歓声が沸く中、豪華なフォトセッションが行われた。
その後行われた舞台挨拶で、暴力団加古村組若頭・野崎康介役を演じた竹野内は
「とにかく白石監督のパワーを感じて頂ける素敵な作品です。」と話し、役柄について「私は今まで“静”と“動”で表すと“静”の役、いい人の役が多かったのですが、今回白石監督から暴力団の若頭役を頂き初めて演じさせて頂きました。
また、素晴らしいキャストの皆さんとこの映画に参加できたことが本当に嬉しかったです。」と振り返った。

映画『孤狼の血』は5月12日(土)より全国にて公開。

■映画『孤狼の血』公式サイト

MENU

CLOSE