研音Message for SMARTPHONE

トピックス

福士蒼汰 映画『ラプラスの魔女』 公開記念舞台挨拶

5月4日(金・祝)に行われた、映画『ラプラスの魔女』 の公開記念舞台挨拶に福士蒼汰が出席した。



失踪中の青年、甘粕謙人役を演じた福士は上映後の舞台挨拶で、「無事に初日を迎えることができて大変嬉しく思っています。今はドキドキというよりもワクワクした気持ちが強く、今日を迎えることを楽しみにしていました。謎が多い人物だったので、観て頂いた皆さんに僕の役柄を知って頂けたことも嬉しいです。」と笑顔で挨拶。



作品のテーマである“予知能力”にちなみ、未来を予知できるならどんなことを知りたいか?という質問に「世界中の天気を予知できる天気予報士になりたいです。」と答え、櫻井翔さんが演じた青江修介の台詞“ありえない”という言葉にからめて、最近起きたありえないことは?という質問には「最近ではないのですが、以前イギリスのセブンシスターズという崖に1人で電車とバスを乗り継いで行こうと思ったのですが、途中、バスの中で寝てしまい気が付くと周りが羊だらけの場所にいました(笑)引き返そうと思って乗ったバスが故障し結果、最寄りの駅まで1時間ほど歩いて、観光せずに帰った経験があります。」とエピソードを明かした。

■映画『ラプラスの魔女』公式サイト

MENU

CLOSE