研音Message for SMARTPHONE

トピックス

りょう・竜星涼 読売テレビ・日本テレビ系木曜ドラマF「島耕作35周年企画『部長 風花凜子の恋』」クランクアップ報告

7月5日、12日(木)に放送される読売テレビ・日本テレビ系木曜ドラマF「島耕作35周年企画『部長 風花凜子の恋』」が先日クランクアップ。



ヒロイン・風花凜子を演じるりょうと、凜子の部下・吉田俊也を演じる竜星涼が、撮影を通じて感じた作品への思いを語った。

大手電機メーカーの部長職を務める凜子は新規プロジェクトのリーダーに任命され、異例の若さで女性初の執行役員候補に。プライベートではサックス奏者として活動し、「仕事もプライベートも50/50(フィフティーフィフティー)」がモットーのキャリアウーマン。
一方、竜星演じる俊也は、入社2年目の若手社員で凜子が手掛けるプロジェクトチームのメンバーとなる。

「2週間の撮影でしたが、セリフの一つひとつが深くて、少しも気が抜けないというか、集中して向き合いながらやってきました。凜子は思い切り働いて思い切り余暇を楽しむという女性です。仕事とプライベートのバランスが崩れて迷いつつも、一人の人間として女性として奮闘します。凜子には、会社内での上司との関係、同僚との関係、プライベートでの親友との関係、恋人との関係…とたくさんの場面があります。凜子にとってのそれぞれのバランスを演じながら、私も奮闘しているという感じというか。それだけに、とても難しい役でもありましたし、すべてのシーンでいろいろ考えながら演じていました。視聴者の皆さんに、風花凜子がまっすぐに奮闘している姿を見ていただきたいと思います」(りょう)

「俊也は、まだ今の自分の仕事に良さを見つけられていなくて、このままでいいのかと悩んだり、上司からパワハラを受けているところを凜子さんに助けられます。僕自身、凜子さんの『仕事もプライベートも50/50』というセリフに勇気づけられました。僕と同年代で会社に入ったばかりの人も、仕事とプライベートのバランスについての悩みは持っていると思うので、そういう視聴者の思いを代弁するように演じようと心掛けていました。時代に合った問題に向き合いながら、凜子さんがスカッとさせてくれるドラマだと思うので、たくさんの方に観ていただいて、次の日からの仕事に向けて勇気を受け取ってもらえたらうれしいです」(竜星)

本作は、連載開始から35周年を迎える「島耕作シリーズ」最新作のドラマ化。『モーニング』(講談社)連載中の『会長 島耕作』特別編として掲載されている。
二人には、誰もが知る大人気コミックのキャラクターを演じることへの思いも。

「ドラマの中でも『新しい時代の中で変化していかなければならない』というセリフがあるのですが、35年の歴史があるからこその凜子という新しいキャラクターであり、自分がその役で出演できるのはすごくうれしいです」(りょう)

「僕が生まれる前から続いている作品で、それだけ歴史のある作品のキャラクターになれるというのは光栄です」(竜星)

本作では、“ハラスメント”や“働き方改革”など、現代社会が抱えるリアルなテーマが映し出されている。

「この作品を通して思ったのは、自分がきちんと考えて、自分で答えを出して生きていく社会にいることは大切だということです。凜子のように、私もプライベートで仕事から離れている時間もしっかり持って、仕事もやっているからこそ、どちらにも深くエネルギーを注げるというのはあります」(りょう)

「ドラマの中でまっすぐ突き進んでいく凜子さんは、気持ちいいです。凜子さんのように男性社会の中で女性が奮闘していくのはとても大事な一歩でしょうし、それをドラマとして観ていただくのは大事なことではないかと思います」(竜星)

りょうは、サックスの演奏シーンにも挑戦し、見事な演技を披露。その裏には、苦労もあったとか。

「音に合わせてサックスを吹く手元や口元を演じるのですが、実際に音を出さないと口の形がうまくいかなかったりするんです。撮影の合間を縫って練習していました。一日サックスを吹く撮影があって、その日が終わったら“そらジロー”みたいな唇になって(笑)、気付いたら唇の裏側が内出血していました。音楽は好きなのでライブハウスと自然の中で演奏するシーンは楽しかったですし、やっていて気持ちよかったです」(りょう)

タイトルの通り、アラフォー女性の恋愛事情も見どころであり、女性視聴者をときめかせる“胸キュン”のシチュエーションが登場。俊也が凜子を“おんぶ”するシーンについては、りょうと竜星が議論に⁉

「この作品には“キュンポイント”がいくつかありまして。りょうさんと『おんぶは果たしてキュンポイントになるのか?』と、ずっと話していたんです(笑)」(竜星)

「竜星くんには、2時間ぐらいずっとおんぶしてもらいました(笑)。キュンポイントの話をしている中で『お姫様だっこじゃないですか?』と竜星くんが言ってくれたことから、恋人役の平山浩行さんには“お姫様だっこ”をしてもらって、私はすごく役得でしたね(笑)」(りょう)

仕事に恋に、まっすぐ向き合いながら働く女性の奮闘を描く「部長 風花凜子の恋」は 7月5日、12日(木)よる11時59分~、2週連続で放送。
ぜひご期待ください!

MENU

CLOSE