研音Message for SMARTPHONE

トピックス

福士蒼汰 杉咲花 映画『BLEACH』ジャパンプレミア

6月28日(木)に行われた、映画『BLEACH』のジャパンプレミアに福士蒼汰と杉咲花が出席した。



主人公・黒崎一護を演じた福士は武器である斬魄刀を担いで登場しスクリーンに映る悪霊・虚<ホロウ>を一刀両断する演出で登場。
会場が沸く中「今日はお越しくださりありがとうございます。
W杯が盛り上がりを見せていますが、この映画も皆さんと一緒に盛り上げて一番熱い夏にしたいと思います!」と挨拶し
死神・朽木ルキアを演じた杉咲は「約2年前に撮影したこの作品をやっと皆さんに観て頂けることが本当に嬉しいです」とコメント。

超絶なアクションが繰り広げられる本作で苦労した点について
福士は「刀が大きく長いので、最初はなかなか慣れなくてワイヤーに引っかかってしまうこともありました」と明かし、殺陣の経験がある杉咲も「ルキアは刀を握ることに慣れている役柄なので上手く見せるという部分が難しかったです」と振り返った。

また、注目のシーンについて福士は「(早乙女太一さん演じる)阿散井恋次とのバトルシーンです。
佐藤信介監督が描く世界観が現れていて日常と非日常が融合されて作品を観た時に自分自身で演じたにもかかわらず度肝を抜かれました」と作品の魅力を語り、
杉咲は「アクションがかっこよくて動きのある作品の中に友情も描かれていて、ラストシーンの一護とルキアの姿が印象に残っています。最後まで見逃さずに観て頂きたいです」とPRした。

その後、立体的な全長約4メートルの悪霊・虚<ホロウ>グランドフィッシャーと共にフォトセッションが行われ
最後に福士が「キャラクターの心の動きにも注目して頂きつつ大迫力のアクションシーンは圧巻だと思いますので、ぜひ楽しんで観て頂きたいと思います」と笑顔でメッセージを送りイベントは幕を閉じた。

映画『BLEACH』は7月20日(金)より全国にて公開。

■映画『BLEACH』オフィシャルサイト

MENU

CLOSE