研音Message for SMARTPHONE

トピックス

上杉柊平 ファースト写真集『Deja-Vu』発売記念イベント

上杉柊平が8月25日(土)にファースト写真集『Deja-Vu』の発売記念イベントを行った。



撮影に訪れたのはアメリカ・ニューヨーク。
この地を拠点に活動し、いま最も注目されるフォトグラファー・小浪次郎とともに撮影のスケジュールから場所、衣装の組み合わせまですべて現地の空気を感じて決めていくという、前代未聞のフォトセッションを3日間に渡って敢行。
ホテルでのムーディーな写真から、真冬の海でカモメと戯れたり、評判の屋台飯をおいしそうに頬張る自然な姿、雪のソーホーやメトロ車内で見せたファッションアイコンならではの佇まいまで、世界で最も刺激的な街・ニューヨークを舞台に、完全予定不調和の中で上杉柊平と小浪次郎の感性がぶつかり合って生まれた、珠玉の写真が満載。
また、上杉がこれまで生きてきた道のりを思い返すように綴った過去の自分、現在の役者としての思い、そしてこれからについて…テキストもたっぷりと掲載。
いま、この瞬間の上杉柊平を知り尽くせる永久保存版の写真集となっている。

この日、イベント前に行われた会見に登場した上杉はニューヨークでの撮影を振り返って「カメラマンさんがニューヨーク在住ということもあり、ロケ場所やどんな服を着るかも決めずにその場でどんどん作って生まれていくものが一個ずつ積み重なっていくというのが面白くて思い出に残っています」と話し、カメラマンの小浪次郎さんとの撮影について「撮影しているというよりもニューヨークを小浪さんに案内していただいて僕がワクワクしたり、いい街だなと思っているその素の部分をずっと小浪さんが撮ってくださっているという感じだったので、一緒にニューヨークを旅した感覚でした。出来上がった作品を見て、一瞬の時間みたいなものを綺麗に切り取っていただいて、ただの一枚の写真というよりも、ちゃんと時間が存在している写真ばかりだったので、小浪さんにお願いすることができて良かったと改めて思いました」と語った。




また、ニューヨークがずっと憧れの街だったと話す上杉は「元々、ニューヨーク出身の音楽家やアーティスト、映画もニューヨークが舞台になっている作品が好きだったのですが、初めてニューヨークに行ったのはこのお仕事をする直前だったんです。いつか仕事で行けるようになりたいという思いがあり、また成長している途中の今、行きたいという思い、そしてカメラマンさんもニューヨークに住んでいるという色々なことが全てあわさったタイミングだったので、今回ニューヨークに行かせてくださいとお願いしました。仕事としては初めて訪れて、初めて撮影をしたのに初めてではなく、自分の生活の中の一部のような感覚がして不思議だったのですが、帰ってきてタイトルを考えたときにあの感覚は『Deja-Vu』って言葉に合うなと思い、タイトルを付けました」と理由を明かし、お気に入りの写真については「普段どちらかというと、目が怖いとか、
冷たい目をしているとか言われることが多いのですが(笑)僕が見てもキラキラしていて、自分がこんなに何かを見てワクワクしたりキラキラした顔ができるんだなと思って選びました」と笑顔を見せた。




さらに海外での仕事について話が及ぶと「ニューヨークに限らず、長期的に海外に行きたいという気持ちがわいてきました」と語り、「行ったことのない土地で、他の国の方達と仕事をすることは、また全然違う感覚なんだろうなと思い、海外を転々として仕事ができる人間になれたら面白いと思います」と野望をのぞかせた。
 

MENU

CLOSE