研音Message for SMARTPHONE

トピックス

福士蒼汰・山本涼介 映画『旅猫リポート』完成記念プレミアイベント

9月25日(火)に行われた、映画『旅猫リポート』の完成記念プレミアイベントに福士蒼汰と山本涼介が出席した。





本作は有川浩氏の同名小説を映画化したもので、心優しい青年・宮脇悟がある事情で飼い猫のナナを手放す決心をし、新しい飼い主を探す旅に出かけるというストーリーとなっている。

この日、会場にはメインビジュアルの菜の花畑をイメージしたイエローカーペットが敷かれ、宮脇悟役を演じた福士が猫のナナを抱きかかえ仲睦まじい姿で登場し、続いて澤田幸介役の山本も集まった観客の声援に手を振るなど笑顔で応えた。

撮影を振り返って福士は「猫のナナが本能で動くので自分も本能でお芝居を返すという現場でした。試写会で完成した作品を観た時に、自分が出演している作品としては初めて泣いてしまいました。普段は客観的に観ることができない部分もあるのですが、この作品は自然と登場人物に感情移入して涙が出るという不思議な感覚でした」と話し、実際に猫を飼っているという山本は現場で見た福士とナナとの様子について「生まれた頃からずっと家に猫がいる環境だったので、猫が何を考えているか分かっているつもりではあるのですが、撮影の中盤から、参加させて頂いた時に福士さんとナナがお互い信頼し合ってリラックスしながら撮影していたのでいいコンビだなと思いながら見ていました」とコメント。




その後行われた完成記念プレミア試写会で福士は役柄を演じる上で「本当に心が優しい青年なのですが彼の人生を紐解きながら、その複雑な境遇があったからこその優しさを持ち合わせていることを忘れないように心がけて演じました。初めてナナと出会った時、どのようにすればよいか分からなかったのですが、まず嫌がることはしないように接していると監督から『その感じいいね』とおっしゃって頂きました」と自然体で現場にいた様子。劇中では制服姿も披露し、「高校時代の回想シーンなのですが青春を感じることが出来る大好きなシーンの一つなのでぜひ注目して頂きたいです」と語った。



山本は印象に残っている撮影エピソードとして「撮影の中でナナを怒らせてしまうシーンがあったのですが、僕は猫が大好きなのでお芝居と分かっていても、怒らせることをしなければいけないというのは心苦しかったです」と明かし、最後にキャストを代表して福士が「本作は人と人との繋がり、人と動物との繋がりが見える作品になっていると思います。その繋がりがすごく優しく温かいので、観ていてほがらかな気持ちになります。心と心が繋がるその瞬間をぜひ体感して頂きたいです」と笑顔でメッセージを送りイベントは幕を閉じた。

映画『旅猫リポート』は10月26日(金)より全国にて公開。

MENU

CLOSE