研音Message for SMARTPHONE

トピックス

竜星涼・山崎育三郎 NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』試写会

10月5日(金)に行われた、NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』の試写会に竜星涼と山崎育三郎が出席した。

本作は雲田はるこ氏の人気漫画「昭和元禄落語心中」をドラマ化したもので、1話は岡田将生さん演じる八代目・有楽亭八雲(菊比古)に竜星演じる有楽亭与太郎が弟子入りするところから始まり、八雲と山崎演じる有楽亭助六(初太郎)との関係性、また成海璃子演じる小夏が八雲に対し「親の仇」と憎み、葛藤する様を垣間見ることが出来る。



キャストは撮影が始まる3ヶ月前から落語の稽古を積んだそうで、竜星は「1話の中で、与太郎が寄席で『出来心』を披露するシーンを観た時に、最初は落語を全く知らなかった自分が音楽や演出のおかげもあり、ここまで成長したというのが見えてやってきたことが報われたように感じ、自画自賛ではないのですが感動しました。ここで立ち止まることなく、最終話まで駆け抜けたいと思います」と話し、山崎は「僕も落語という新しいチャレンジをさせて頂き稽古をする中、大変な部分もありましたが、このような素晴らしい作品に携わることができて幸せに思っていますし、2話以降も、どのシーンもドラマチックなので少しでも多くの方々に観て頂きたいです」とコメント。



寄席のシーンで印象に残っていることについて、竜星は「初めて人前で披露した落語が『出来心』だったのですが本当に緊張しました。与太郎は物語の中で必死に稽古を積むのですが、自分自身も必死に落語を学んでいる中、観客としていらしたエキストラの方々がシーンを重ねる度にどんどんよくなっていく様が見えて面白かったと言ってくださり自信に繋がりましたし、これを糧に頑張ろうと思いました」と振り返り、山崎は「役柄が天才落語家ということもあり最初は力んだ部分もあったのですが、自分が練習して披露した落語に対して思っていることと違う反応が返ってきたりするので、生ものだなと感じ、やりがいがあります」と明かした。

本作では、落語監修を柳家喬太郎さんが担当し、竜星は「喬太郎さんに目の前で教えて頂いて笑える話や泣ける話など全て惹きつけられる面白さがあるのでどんどん自分の中で落語に対する壁がなくなってきたように感じます。また、落語は同じ演目でも人によって違い、ゴールがないので難しさもありますが自分らしい落語を見つけることができるのでそれが魅力だと思います」と述べ、山崎は「座布団の上で言葉だけでお客様を魅了していく落語のファンになりました。演じる方によって言い回しも違うのでそれぞれ色が違って自由なところに最初は驚きましたが、だからこそ、その人自身の全てが出ると思いますし、自分自身が楽しみ、自分自身の言葉で喋って相手に伝えることがテーマなのではと思いました」とすっかり魅了されている様子で思いを語った。

NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』は10月12日(金)22時よりスタート。
(初回は70分拡大版)

MENU

CLOSE