研音Message for SMARTPHONE

トピックス

田中奏生 『東京ドラマアウォード2018』授賞式

10月25日(木)に行われた、『東京ドラマアウォード2018』授賞式に田中奏生が出席した。



『東京ドラマアウォード』は作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと創設されたもので、今回、藤沢周平没後20年を記念したオリジナル時代劇プロジェクト 藤沢周平 新ドラマシリーズ 第2弾として名作短篇集「橋ものがたり」を映像化した3作品より、江口洋介さん演じる父・民蔵がある日突然姿を消し、田中演じる息子・広次が松雪泰子さん演じる母のおまき、藤野涼子さん演じる姉・おりょうと江戸の町で肩を寄せ合い、共に生き抜く中で起こる出来事を切なくも美しく描いた『小さな橋で』が作品賞(衛星・配信系ドラマ部門)で優秀賞を受賞。

田中は緊張の面持ちの中トロフィーを受け取り、杉田成道監督の印象について「すごく熱心で素敵な監督でした」と笑顔で語った。

MENU

CLOSE