研音Message for SMARTPHONE

トピックス

矢作穂香 映画『鯉のはなシアター』舞台挨拶

12月8日(土)に行われた、映画『鯉のはなシアター』の舞台挨拶に 矢作穂香が出席した。



本作は、広島ホームテレビで放送中の広島東洋カープと広島にまつわるドラマを届ける人気番組「鯉のはなシアター」から誕生した小説を長編ドラマとして映像化したもので、奥崎愛実役を務めた矢作はカープのチームカラーである赤のネイルと赤のワンピースに身を包んで登壇し、広島でのロングラン上映を続ける中、東京での公開を迎えて「ついに東京での公開ということで、皆さんに観て頂けて嬉しいです」と挨拶。
完成した作品を初めて観た感想について「広島、そしてカープってすごいと思いました。広島とカープの魅力が詰まった作品なのでまたすぐに広島に行きたいという気持ちが強くなりました」と語った。

また撮影については「元々、野球について詳しくなかったのでこのお話しを頂いた時に私でいいのかなと感じたのですが、役柄的にも、カープについてどんどん学んでいくという設定でそのままで大丈夫とおっしゃって頂けたので安心して臨むことが出来ました」と振り返り、舞台挨拶の最後に観客へ向けて「この作品を観て、広島に行ってみたいなと思ってくださったら嬉しいですし、周りの皆さんに沢山この作品を伝えて広めて頂きたいです」とメッセージを送った。

MENU

CLOSE