研音Message for SMARTPHONE

トピックス

山崎育三郎 ミュージカル『プリシラ』初日前日会見&公開ゲネプロ

3月8日(金)に行われた、ミュージカル『プリシラ』の初日前日会見&公開ゲネプロに山崎育三郎が出席した。



本作の原作は1994年公開の3人のドラァグクイーンたちのドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画で、2006年には待望のミュージカル版が誕生。以降世界15カ国以上で上演され大ヒットとなり、2016年12月に初演された日本人キャスト版も完売続出の大きな話題と感動を呼んだ。ド派手な衣装をまとったドラァグクイーンたちが、誰もが知る往年のディスコヒッツにのって歌い踊るエンターテイメント満載のミュージカルが初演と同じメインキャストによって約2年ぶりに再演される。

アイデンティティーに悩むドラァグクイーン・ティック役を務める山崎は役衣装で登場し「衣装を着るとプリシラの世界に入っていけて今回、(1回の公演で)僕1人でも22着の衣装があるので、着替えるごとに気持ちが変わっていきます」と話し、往年のディスコヒッツ満載の本作にて特に思い入れのある楽曲については「名曲ばかりなので選ぶのが難しいですがずっと華やかで笑いも沢山起こる作品の中で3人が落ち込み、傷つくシーンで励まし合いながら歌う『トゥルー・カラーズ』は何度歌ってもぐっとくるのでぜひ期待して頂きたい楽曲です」とコメント。

終始笑いのたえない会見の最後には「約2年ぶりに戻ってきたので皆さんの期待に応えたいですし、笑いあり涙あり、そして衣装や音楽も豪華なこんなにふり幅の大きいミュージカルは他にないと思います。ぜひ劇場で体感して頂ければと思います」と笑顔でメッセージを送った。









その後行われた公開ゲネプロではカラフルなセットの中で、鮮やかな衣装を身にまとった山崎が圧巻の歌唱力とキレのあるダンスで観客を魅了。またテンポよく物語が進む中、時として自分自身を模索し、気持ちが揺れ動く姿を繊細に表現する姿も必見となっている。


■ミュージカル『プリシラ』
公演日程:2019年3月9日(土)〜3月30日(土)
会場:日生劇場
◯公式サイトはコチラ

MENU

CLOSE