研音Message for SMARTPHONE

トピックス

天海祐希・速水もこみち テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』制作発表記者会見

4月4日(木)に行われた、テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』の制作発表記者会見に天海祐希と速水もこみちが出席した。



本作は2014年に連続ドラマとして誕生するや好評を博し、翌年にはスペシャルドラマ、さらに  2017年には連続ドラマ第2シーズンも放送。4月11日からスタートする連続ドラマ第3弾でも天海演じる主人公・取調官の真壁有希子が可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を展開しさらに手強くなった被疑者たちを、マル裸にしていくストーリーとなっている。



天海は「またこのメンバーと一緒にお仕事が出来ることに幸せを感じながら毎日撮影しております」と話し、渡辺鉄次役を務める速水は「天海さんをはじめ、先輩の皆さんとご一緒できることを嬉しく感じ、素晴らしいチームワークで難事件を解決しさらにパワーアップしたこの作品の中で、様々な人物像にも注目して頂けたらと思います」と挨拶。

2年ぶりとなる同作の撮影に天海は「あまり2年ぶりという感じはしなかったですね。長い撮休(撮影が休み)があった感じです」とブランクを感じない様子で、速水も「また一つの家族の集まりに戻ってこれたような気持ちがあります」と語った。

この日は記者会見前に第1話の試写会も行われ、集まった来場者より寄せられた質問の中から「キントリメンバーの中から取調べをうけるなら誰がいいか」と聞かれた天海は、私は新メンバーの(塚地武雅さん演じる)玉垣さんがいいです。役柄としてまだ取調べに慣れていない部分があるので、こちらの意見を押し通せるかなと思いました(笑)」と答え、速水は「僕も玉垣さんですね。他の皆さんは長く取調べを行っているプロなので、(取調べをされると)すぐに謝ってしまいそうです」とコメント。

さらに“変わる時代に変わらない戦いがある”という本作のキャッチコピーにちなみ、「この作品の変わらないもの」について記者より質問されると天海は「何が罪だったのか誰が悪かったのかという真実を追求するみんなの正義に対しての思いは変わらないのではと思います」と自身の思いを述べた。

また4月4日は“あんぱんの日”ということで大ヒットを祈願し、番組特製の特大キントリあんぱんが登場すると驚きを見せた天海は最後にキャストを代表して、「沢山の方々に楽しんで観て頂きたいですし、キントリメンバーの横の繋がりは変わらずにこの作品を続けていきたいと思っております。どうぞ楽しみにしてください」と笑顔でメッセージを送った。

テレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』は4月11日(木)21時よりスタート。

MENU

CLOSE