研音Message for SMARTPHONE

トピックス

福原遥 映画 『4月の君、スピカ。』初日舞台挨拶

4月5日(金)に行われた、映画 『4月の君、スピカ。』の初日舞台挨拶に福原遥が出席した。



本作は、小学館「Sho-Comi」で連載中の累計発行部数120万部を突破した杉山美和子氏の人気コミックを実写映画化したもので、高校受験に失敗し、うっかり超スパルタ進学校に入ってしまった福原演じる主人公早乙女星が、鈴木仁さん演じる天文好きの無口な美少年・深月と佐藤大樹さん演じるちょっぴりチャラめで学年トップの秀才・泰陽と出会い、天文部を舞台に巻き起こる甘く切ない三角関係を描いた天体観測ロマンチック・ラブストーリーとなっている。

公開を迎えて福原は「ずっとこの日を楽しみにしていたのでこんなに沢山の方が来て下さって幸せな気持ちでいっぱいです」と感謝の気持ちを語り、ストーリーにちなみ、親友と同じ人を好きになってしまった場合恋と友情どちらを選択するかという質問に、悩みながらも「私も好きなんだという気持ちを親友にきちんと伝えてお互い正々堂々がよいのではないかと思います」とコメント。

続いて原作の3巻の表紙を再現している本作のポスターにて泰陽が星の髪の毛を摘んでくるっとしているポーズ通称“つまクル”をこの場で再現することに。福原が天川咲役の井桁弘恵さんに、佐藤さんが鈴木さんにという男女ペアで行われまずは、福原が「弘恵ちゃん、好きだよ」と即興でセリフを交えながら実践。会場からは歓声が沸き起こり盛り上がりを見せる中、大谷監督がどちらの“つまクル”が良かったかを判定し結果は男性チームの勝利となった。

悔しがりながらも笑顔の福原は、最後にキャストを代表して「この作品は、女子高生ならではの心の揺れや繊細な想いを細かく映し出しています。沢山の方々に観て頂きたいので友達や家族など色々な方にぜひこの作品を伝えて頂けたらと思います。今日は本当にありがとうございました」とメッセージを送り舞台挨拶は幕を閉じた。

MENU

CLOSE