KEN ON Message OFFICIAL MOBILE SITE

トピックス

矢作穂香 映画『いなくなれ、群青』初日舞台挨拶

9月6日(金)に行われた、映画『いなくなれ、群青』の初日舞台挨拶に矢作穂香が出席した。



第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説『いなくなれ 、群青』が実写映画化。

謎だらけの階段島を舞台にした本作にて、女子高生・掘役を務める矢作は「今日という日を迎えることができて本当に嬉しいです。短い時間ですが皆さん楽しんで頂けたらと思います」と話し、劇中での印象深い台詞を聞かれると、「浜辺で(飯豊まりえさん演じる)真辺に訴えかけるシーンがあるのですが、その台詞を言うことに色々と葛藤もしたので難しくもあり、思い出深い台詞となっています」とコメント。

続いて劇中で使用した電話機が登場し、失くしたものを見つけなければ島を出ることができないという物語にちなんで、“自身の失くしたもの”を受話器をとって話すというコーナーで矢作は「足の脂肪です。小学生の頃は足のサイズが24cmだったのですが今は22.5cmになりました」と答え、会場はざわめきに包まれた。