KEN ON Message OFFICIAL MOBILE SITE

トピックス

『瀬戸利樹 ファンイベント2019』

瀬戸利樹が10月5日(土)、『瀬戸利樹 ファンイベント2019』を開催した。



サスペンダーを付けて遊び心のあるジャケットスタイルに身を包んだ瀬戸が後方の扉から登場し歓声が沸く中、集まったファンの方々とのコミュニケーションを楽しみ「皆さん、こんばんは!今日は楽しんで頂けたらと思います」と挨拶。司会の石井元気さんを迎えてイベントがスタートし、早速最初のコーナーで写真と共に最近の活動を振り返ることに。画面に映し出されたピンク色の髪をしている自身の写真を見ながら、「日本テレビ系連続ドラマ『偽装不倫』で八神風太役を演じさせて頂きました。写真はまさにクランクインをする直前の緊張している僕なのですが、演じていく中共演者の方々と色々なお話をして徐々に落ち着いて撮影することができました。素敵な作品に参加させて頂き幸せでした!」と振り返り、役柄については「風太は相手に自分の気持ちを素直に伝えることができて素敵だなと思いながら演じていました」とコメント。

監督から何かアドバイスはあったかと質問されると「いつも親身になってくださって“一手先ではなく二手先まで読むこと”の大切さを教えて頂きました。相手の気持ちを深く考える余裕が自分にはまだ足りないので、これから経験する中で考えられるようになりたいです」と意欲を見せた。



次は瀬戸がやりたいことを行うコーナーに進み、去年の目隠しをしながら箱の中身を当てる『箱の中身は何ですか?』のコーナーに続いて今年は「絵を描きたいです!」と宣言。早速、“銀座の名物”というお題に合う絵を描くことになり、「難しいですね」と言いながらも奮闘し、出来上がった絵を見せて、「時計台と街並みです」と堂々と話す瀬戸に会場から笑いがこぼれ、石井さんより「銀座の雰囲気が薄い感じがしますが、他に歌舞伎座とかもありますね」というアドバイスのもと、裏面に独特のセンスで歌舞伎役者を描いたオリジナルの色紙が完成。「もしよろしければプレゼントさせて頂きます!」とジャンケンで選ばれた1名に“瀬戸画伯”のオリジナル作品が贈られた。

続いて行われた、会場で事前に募集した質問に答えるコーナーでは、“反抗期はありましたか”という質問に「僕はなかったです。今も昔も変わらないですね。いつも家族と会う時間を大切にしています」と答え、“好きな色は”という質問には「シンプルな質問も良いですね!今はピンクが好きです。映画『チア男子』で演じさせて頂いた徳川翔のイメージカラーがピンクで、『偽装不倫』の八神風太もピンクの髪だったので最近感化されています」とコメント。

また”疲れた時に癒されるもの”について「ずばり入浴です。湯船につかって音楽を聴いたり、波のプールを作ったりもします(笑)」と波のプールを作る様子を真剣に披露する姿に会場が笑いに包まれた。



さらに『瀬戸利樹のサイコロトーク!』と題してサイコロの目に応じて、動画コメント、自撮り写真、モーニングコールを携帯に録音などをプレゼントするという盛り沢山の企画が行われ、抽選で選ばれたファンの方がサイコロを振り、ハズレが出てしまうと「実はハズレではないんです」と笑顔を見せ、自身が好きな香りという香水をプレゼント。自撮り写真を撮る際、「可愛いイメージで」というリクエストには顔の角度や表情を変えながら撮影し、モーニングコールを吹きこむ場面では「起きて」と優しい声で呼びかけたりと一生懸命に行う瀬戸に温かい拍手が送られた。



テンポ良くイベントが進む中、モバイルサイト研音Message内で行っているキュンキュンするような動画を届ける『I’mとしき』コーナーを会場で行い、4つの箱にはそれぞれ、“どこで”“だれと”“どうして”“プラスワン”とシチュエーションが書かれた紙が入っており、抽選で選ばれた方と車内や船の中という設定のもと、ロマンティックな雰囲気を作って即興で芝居を披露。さらに歌も披露され、1人1人の表情を見ながら気持ちを込めて歌う姿に会場のボルテージは最高潮に達する中、最後は瀬戸より「今日は皆さんと過ごす時間があっという間に感じました。



こうやって皆さんに会える機会がなかなかないので久しぶりにイベントを開催できて良かったと思いますし、すごく楽しかったです。今年は様々な作品を通して色々な方々とお芝居をさせて頂き自信にも繋がりましたが、足りないことも明確になりました。もっと自分を磨いて次のステップに進めるように頑張っていきたいです。これからもどうぞよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました!」と笑顔でメッセージを送り、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

(第2部(17:30~)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)