KEN ON Message OFFICIAL MOBILE SITE

トピックス

山本涼介 舞台『最後の医者は桜を見上げて君を想う』公開ゲネプロ・舞台挨拶



2022年9月8日(木)に行われた、舞台『最後の医者は桜を見上げて君を想う』公開ゲネプロ・舞台挨拶に山本涼介が出席した。



あなたの余命は半年です―― ある病院で、医者・桐子は患者にそう告げた。死神と呼ばれる彼は、「死」を受け入れ、残りの日々を大切に生きる道もあると説く。
だが、副院⻑・福原は奇跡を信じ最後まで「生」を諦めない。対立する二人が限られた時間の中で挑む戦いの結末とは? 究極の選択を前に、患者たちは何を決断できるのか?
本読み書店員が選ぶ「感動小説」第1位にも輝いた衝撃の医療ドラマを、注目のキャストを迎えて待望の舞台化。

死神と呼ばれる風変わりな医者、桐子修司役を務める山本は「本日、初日を迎えるので、しっかり備えて皆様に良い作品を届けられるように精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを述べ、終末医療がテーマの本作について「命に関する作品なので、繊細に扱っていかなければと思いました。観終わった後、人それぞれ思うことがあると思いますが、これからの人生において何か一つでも響いたらいいなと思います」と語った。



また本作のテーマに沿って、もし命が限られていたら何をしたいかという質問に「特にやりたいことがないというか、日々満足して生きているのでお茶漬けを食べたいと思うぐらいですかね」と答えると、キャストから「桐子そのままだね」と突っ込みが入り「陽キャラですよ(笑)」と弁解する場面も見られた。