研音Message for SMARTPHONE

トピックス

山本涼介 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE 囲み取材&ゲネプロ

9月21日(金)に行われた、舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGEの囲み取材に山本涼介が出席した。



本作は2004年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」にて連載された天野明氏原作の漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』を舞台化したもので、勉強や運動、何もかもがダメな中学生・沢田綱吉(通称ツナ)の前にヒットマン(殺し屋)を名乗る謎の赤ん坊家庭教師・リボーンが現れ、ツナをマフィアの10代目ボスとして教育するという目的のためイタリアから来たと話すリボーンによってその日を境に、ツナの平凡な日常は一転。「死ぬ気」の修行が始まりクラスメイトで野球少年の山本武、ダイナマイト使いの獄寺隼人、そしてボクシング部主将の笹川了平など個性的な面々に囲まれながらドタバタと毎日を送る中、突如並盛中の生徒が連続して襲われる。犯人は黒曜中の生徒で、その狙いは10代目のボス(ツナ)であることが明らかになり…というストーリー。


ゲネプロ前に行われた囲み取材で山本武役を務める山本は、「学生時代から原作を読んでいたのですが、様々な登場人物の中で山本武は一番好きなキャラクターだったので今回演じさせて頂けることがすごく嬉しかったですし、名字も一緒なので縁を感じています。大好きなキャラクターだからこそ、より一生懸命演じなくてはという思いがあります」と話し、自身の役柄については「山本は少し天然だったり、あまりマフィアを理解していない部分を持っていたりと個性的なキャラクターが多い中では普通の中学生のような印象なので、そこが良いアクセントになればと思いながら演じています」とコメント。

最後に「漫画やアニメとは違う『家庭教師ヒットマンREBORN!』の世界観を肌で感じて楽しんで頂きたいと思います!」と力強くメッセージを述べた。





映像に合わせて演じる演出によって舞台が立体的な空間となる中ツナの日常が一変してから仲間と共に成長しながら犯人を突き止め、立ち向かう姿をテンポよく描いており、ツナをどんな時でも笑顔で支える山本武の優しさ、戦闘シーンでの仲間を思う意思の強さを表情によって絶妙に表現。また、歌唱シーンや迫力のある殺陣など魅力あふれる山本の姿は必見となっている。


<東京公演>
公演日程:2018年9月21日(金)〜9月30日(日)
会場:天王洲 銀河劇場

<大阪公演>
公演日程:2018年10月3日(水)〜10月6日(土)
会場:大阪メルパルクホール

https://www.marv.jp/special/reborn-the-stage/

MENU

CLOSE