研音Message for SMARTPHONE

トピックス

『福士蒼汰ファンイベント2018』

9月17日(月・祝)に『福士蒼汰ファンイベント2018』を開催した。



暗転しカウントダウン映像が流れる中、音楽と共に颯爽と登場した福士が早速客席に降りて集まったファンの方々とハイタッチを交わすとたちまち大歓声が起こり「お久しぶりです!ついにこの日がやってきました。約1年半ぶりのイベントとなるのですが皆さんと共にこのような時間を持つことができて嬉しく思います」と挨拶。
4回目の共演となる司会の古家正亨さんが迎えられリラックスムードの中、イベントはスタートした。

この日のイベントのテーマは“超参加型MAX”と題され古家さんからの「これからのテーマひとつひとつ、ぜひ注目してくださいね」という説明に盛り上がりを見せる中、まずは近況報告として、この日発表となった5年ぶりとなる写真集発売の話題に。福士が「今回ロサンゼルスで撮影しました。そこで生活をしているかのようなナチュラルな姿や、少しセクシーな大人の表情など25歳の今を見ることができるのではないかと思います」と見どころを語ると、スクリーンには写真集の一部が紹介され、黄色いパンツ姿でたたずむ写真に「写真集撮影のために衣装合わせを事前にしたのですがその際にスタイリストさんが黄色いパンツを用意してくださって。最初、このパンツを穿きこなすことができるのかなと不安もあったのですが、ロサンゼルスの雰囲気にすごく合っていて格好よく撮影して頂きました」と振り返り、続いてオフショットが公開され、目玉焼きをのせた皿を持っている姿に古家さんから「なんだか目玉焼きがつぶれていませんか?」と突っ込みが入り「そうなんです。目玉焼きを作ろうとしたのですが卵をフライパンに落とす位置が分からず、手を高く上げて落としたら、こうなってしまいました(笑)」と苦笑いを浮かべると、会場は笑いに包まれた。



10月26日に公開となる映画『旅猫リポート』について「僕自分が演じる宮脇悟と猫のナナとの物語なのですが、本当におすすめしたい映画ですし、自分の出演作としては、この映画で初めて泣きました。普段、自分が出演させて頂いている作品は客観的に観れないことが多いのですが、この映画は自然と涙が出てきました。ナナとの撮影も楽しかったですし、とにかく可愛かったです。癒やされました」と撮影を振り返る中、続いて福士が客席を旅して会場の皆さんにインタビューし、リポートする『リアル旅猫リポート』コーナーに。
福士は「どこからいらっしゃいましたか?」「どの作品が好きですか?」と会話を楽しみながら1階から2階までゆっくりと会場を周り「色々な作品をきっかけに、イベントに足を運んでくださったり、このイベントで友達になる方々もいて嬉しいですね」と喜びの表情を見せた。

続いて行われた『LINEデート』コーナーでは抽選で選ばれた1名と実際にLINEをし、その文章が画面に映し出されるという企画に「緊張しますね!そしてこの近い距離でLINEをするのがなんだか恥ずかしいです」と話す中、お気に入りの絵文字などを入れながらLINEをするなど普段の姿を垣間見ることができ、『蒼汰を探せ』コーナーでは、写真集のメイキング映像上映後、抽選で選ばれた方が檀上に招かれ、福士のお面をかぶる複数の男性陣と猫とパンダの着ぐるみの中から福士を当てるという今までにない企画に会場が沸く中、猫の着ぐるみ姿が福士だと言い当てられると「最初、見つからないようにいかに動かないかを心がけていたのですがなかなか気づかれないので自分から色々と動いてしまいました(笑) 着ぐるみ楽しいですね」と満足げな様子。





盛り沢山の企画の中、サイン入りポスターをプレゼントする大抽選会が行われた後は撮影タイムが設けられ、様々なポーズをしながら撮影に応じ更には福士が自ら会場を周り観客の方々と撮影をし「できるだけ皆さんと撮りたいです。まだ行っていない席にも行くので待っていてくださいね。あれ、(自分が)写ってない。難しいな」など試行錯誤しながら交流を楽しんだ。



また、生歌も披露され会場の熱気も最高潮に達し、最後に「今までのイベント以上に皆さんとの距離が近くて楽しかったです。会場を周って写真を撮ったり、皆さんの声を直接聞いたりすることができてとても新鮮でいい時間を過ごさせていただきました。僕自分は今年25歳になり、今以上に成長したいという気持ちのもと自分なりの姿を模索しています。色々な形で皆さんにお届けできるように頑張っていきますのでこれからもよろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました!」と笑顔で感謝の言葉を述べ、イベントは大盛況の内に幕を閉じた。

(第一部(13:30〜)の様子をレポート。回によって内容が異なります。)

MENU

CLOSE