KEN ON Message OFFICIAL MOBILE SITE

トピックス

竜星涼・瀬戸利樹 MBS/TBSドラマイズム『都立水商!~令和~』制作発表

4月22日(月)に行われた、MBS/TBSドラマイズム『都立水商!~令和~』の制作発表に竜星涼と瀬戸利樹が出席した。




本作は2001年に小学館で刊行された小説「都立水商!」が原作となり、猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなった。舞台は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ都立高校、その名も「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。知られざる水商売の裏側を通じた濃厚な人間ドラマに、連載当時から大きな人気を博し今回のドラマ化では、元号発表を経てドラマ版タイトルを『都立水商!~令和~』とし、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで、新感覚・本格学園ドラマとして描かれている。

主人公・新米の社会科教師役の石綿直樹を演じる竜星は「どこか懐かしい、でも新しい学園ドラマが出来上がったと思います」と話し、ホスト科の高校生・大竹哲太を演じる瀬戸は「ホスト、キャバ嬢を目指す様々な生徒がいるのでぜひ楽しんで観て頂けたらと思います」と挨拶。

教師役を演じて竜星は「この仕事をさせて頂くにおいて、教師役は目標でもあったので感慨深いものがあります。少し前に(テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『オトナ高校』で)教師役を演じさせて頂いた時は、生徒の皆さんが僕より年上というちょっと変わった高校だったのですが、今回も少し変わった学校なのでなかなか普通の学校に就職させて頂けないなと思いつつ(笑)台本を読み進めていくうちに学ぶことが沢山あり、これぞ熱い学園ドラマだなと感じながらフレッシュな生徒の皆さんと作り上げました」と振り返り、撮影は和気藹々とした中で行われたそうで瀬戸は「ホスト科の皆さんとすごく仲が良い雰囲気の中でシャンパンコールも一丸となって練習しました」とコメント。

この日、ドラマのヒットを祈願してオリジナルのシャンパンコールが行われ、ホスト科の生徒達が練習の成果を発揮し、率先して会場を盛り上げる中最後にキャストを代表して竜星は「水商売のイメージを払拭できるドラマになっていて令和という新しい時代にぴったりの学園ドラマが誕生したと思います。学校では習えないような、これから先の人生で大事なものがちりばめられている作品になっているので、せひ新米教師と生徒の成長を見守って頂けたらと思います」とメッセージを送った。

MBS/TBSドラマイズム『都立水商!~令和~』
MBS:5月5日日曜24:50〜
TBS :5月7日火曜25:28〜よりスタート。